二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

凄い視聴率か。

2017年12月15日 12時36分45秒 | ニ言瓦版
分からない、最終回。
死んだのか、生き方のか。
意味不明。
でも、凄い視聴率。
25・3%


「米倉涼子(42)主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9時)の14日最終回の視聴率が25・3%(関東地区)だったことが、15日、ビデオリサーチの調べでわかった。
未知子の、生死の行方が注目されていたが、東帝大で手術を受けた未知子がドラマのラストで、同医学部外科医局退局後に留学したキューバ・クバナカン医科大学の教壇に立ち、手術室に入るところで、今回の第5シリーズは終了した。

 米倉演じる「私失敗しないので」が決めぜりふの天才外科医・大門未知子の人気シリーズ第5弾。初回は20・9%、第2話は19・6%、第3話は19・0%、第4話は19・1%、第5話は20・8%、第6話は20・7%、第7話は20・1%、第8話は20・6%、第9話は21・2%と、前評判通りの高視聴率で独走した。

 最終回は、未知子(米倉涼子)が倒れた頃、日本医師倶楽部の内神田景信会長(草刈正雄)が食道がんを患い、東帝大学病院で手術を受けることに。内神田の病状は深刻で未知子以外の医者ではオペは不可能。だが内神田は未知子の執刀を拒否する。そこへ腹腔(ふくくう)鏡の魔術師といわれる外科医の加地秀樹(勝村政信)が出現。ある条件と引き換えに執刀医に名乗りを上げる。未知子はオペは自分以外では無理と主張するが絶体絶命の危機に陥る、という内容だった。未知子の余命が3カ月だと判明したり、名物キャラ加地が登場するなど、見どころ満載の最終回となった。

 ツイッター上では「生きていて良かった!」などと歓喜の声が殺到。また「続編は、いつ見られるのか?」、「キューバ編が見たい」と、早くも続編を望む声も多数、あった。「ドクターX-」終了後、すぐに放送が始まった「報道ステーション」冒頭でも、小川彩佳アナウンサーが「再開が待ち遠しいですね」と続編に期待した。」


二時間ドラマで、見たい最終回の中の生き返る場面。

でも、終わりなのかもしれない。
無理もある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野球は、しないことかもしれ... | トップ | 犯罪だろう。だが、必要なのか。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事