二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

不思議、年齢からすると、よく、芸がある。

2016年10月20日 00時17分28秒 | ニ言瓦版
年齢でも、限界だろう。
よく、ファンが、支援するものだ。
いるのか。
47才で、歌が旨い、以後ヒットがあるのでもない。
ミニ・スカートも、30周年も、
年齢で、まだ、芸能界で、活動するのは、疑問なこと。

 

「タレント、渡辺美奈代(47)がアラフィフとは思わせない超ミニを披露し、驚異の“アイドル力”をみせている。9月24、25日に都内で行われたソロデビュー30周年記念コンサート「Forever IDOL374」での“ミニスカ5変化”ステージを紙上で再現する。

 ライブでは、歌唱力を増したアイドルボイスと変わらない愛らしいダンス、そして引き締まったナマ足を披露し、新旧ファンを熱狂させた。

 ファンの声を受けて、ライブはDVD化の予定。膝上30センチのミニフレアのピンクに始まり同グリーン、白のロングドレスからロングスカートを取ってミニへ。シメは推定膝上40センチのチアガール姿という舞台を再び楽しめることになった。

 振り返って渡辺は「チアガール衣装が一番好評でビックリ。デビュー時にポニーテールをしていたのでTシャツにスカート、スニーカーかな? と。ダンスでアンダーパンツが結構見えちゃったみたいで恥ずかしかった。でも盛り上がってくださるファンとの時間は涙ものでした」。

 ブレない現役アイドルでいる秘訣(ひけつ)は「タレント、アイドル、結婚して母で妻とそれぞれで、幸せと思える毎日を楽しく過ごせているからかな」と自己分析。

 今後も「1年に一度、私の誕生日9月28日あたりでコンサートなどの機会を作れたら」と“瞳に約束”した。」


昔のアイドルも、その後、ただの、見世物になるのかもしれない。
芸能活動は、才能を見出すのは、ヒット曲か、演技か、別の才能、タレント。
40才の後半になり、何を、芸を磨くのか。
不思議である。

最近のアイドル、akbのが、まだ、卒業して、しっかり、仕事、才能を見いたしている。
何が、コンサートか。

高齢者の支援でも、貰う試みなのか。

人生は、年齢で、それそうとうの演技、才能が、必要になる。
そして、育成。

タレントであるという、道が、民放で、視聴率の悪い番組は、
もと、アイドル、タレントの仕事場になり、
若い人が、番組かないから、視聴率は、よくない。

考えると、akbのようなグループ以外、テレビの番組は、お笑いも含めて、
高齢化である。
47才前後のタレントか、歌手崩れ、俳優崩れ、お笑い崩れが、
番組するから、年齢みると、とうに、テレビでは、お払い箱の品であり、
視聴率無視して、テレビで食うしかない、高齢者の芸能人なっている。

よくよく、考えると、芸能の高齢化である。
テレビも、コンサートも、最後は、芸の才能を磨いているか。問われる。
晩年の芸能人である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医者の話で、終わるのかもし... | トップ | 考えると、弾薬庫。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。