二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

13は、いいのだろう。酷いドラマだと、普通。

2016年10月17日 13時14分26秒 | ニ言瓦版
13か、いいのかもしれない。
テレビ局のドラマは、酷いから。
よしとするのかもしれない。
フジテレビと、TBSは、酷いドラマが多いから。
13%でいい。
テレビ朝日のは、相棒、ドクターXは、13%最悪のドラマになる。



「俳優・織田裕二が主演するTBS系連続ドラマ・日曜劇場『IQ246』(毎週日曜 後9:00)が17日、スタート。初回平均視聴率は13.1%の好発進を切ったことが17日、明らかになった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同ドラマはやんごとなき貴族の末裔である主人公・法門寺沙羅駆(織田)が嫡子だけに受け継がれる「IQ246」という異能を武器に難事件を解決していくオリジナルミステリー。彼の護衛を任された新人刑事・和藤奏子を土屋太鳳、沙羅駆に忠実な武闘派執事・賢正をディーン・フジオカ、変わり者の監察医・森本朋美を中谷美紀が演じている。

 第1話では、CMプランナー早乙女(石黒賢)の会社で起こった強盗殺人事件と沙羅駆の知り合いである桜庭の奥様の家で起こった寿司職人の行方不明という2つの事件の真相に沙羅駆が迫っていく。「あ~暇だ暇だ」が口癖で独特の話口調の沙羅駆のキャラクターは最初、面食らうが個性的なキャラクターが並ぶなかその存在感は一際。

 また最近の日曜劇場で高視聴率を記録した嵐・松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-』同様に小ネタが満載。石黒と織田が共演し、大ヒットした『振り返れば奴がいる』をなぞり、奏子は「振り返れば奴はいない」のせりふがあったり、劇中に登場する新聞には「レインボーブリッジ 封鎖」の見出し。そのほかにもSNS上でが小ネタ報告の投稿が相次いでおり、2話以降も注目を集めそうだ。 」


結局、ドラマは、もう、今の事件のか、もっと、面白い。
朝の情報番組の解説のが、ドラマより、面白いのが、朝から、昼から、午後からわかる。
それに比べ、作られたドラマは、内容がないと、見ない。

映画のアニメではないが、「君の名は」ような、脚本で、ドラマにすれば、
視聴率がいいかもしれない。
アニメで、凄いのだ、その脚本はいいことだ。

今後、ドラマは、どこのドラマがいいか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凄いことだ。154 | トップ | わからないのかもしれない、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。