二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

怖いことだ。これこそ、国会で、現状を説明。監視カメラ。

2017年02月24日 03時42分05秒 | ニ言瓦版
どうも解らないのは、
死ぬまでの、時間と、過程。
これは、テレビドラマではないが、解らない、事件。
どんな毒、使ったか。

それと、死ぬまでの映像が、
不明なところがある。





「■自力で歩行 十数分後に異変

 クアラルンプール国際空港で殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が襲撃から十数分間は自力で歩行し、意識がしっかりしていた様子が、フジテレビ・関西テレビの番組が報じた防犯カメラの映像から明らかになった。犯行から27分以内に容体が急変しており、毒物の専門家らが着目している。

 映像では13日午前9時ごろ、正男氏が自動チェックイン機に到着。直後に女が背後から接近。後ろから手を回して正男氏の顔に何かをなすりつけた。

 犯行6~7分後の映像では、正男氏が空港の案内所まで歩き、警備員に話しかけるのが確認できる。「女に液体をかけられた。目が痛い」と被害を訴えたとみられる。

 異変が表れたのが襲撃から十数分後。係員に付き添われながら診療所に着いたが、足をやや引きずりながら歩いている。

 27分後の映像は、正男氏が診療所から病院に搬送される模様が映し出された。この前後に撮影されたとみられる写真から、正男氏の容体は既に急変していたことがうかがえる。

■VXガス クリームに混ぜた?

 韓国の聯合ニュースによると、韓民求(ハン・ミング)国防相は20日、国会国防委員会の非公式の懇談会で、正男氏の殺害に使用された毒物についてVXガスやリシンなど5種類のいずれかが使われたとの見方を示した。

 昭和大学薬学部毒物学部門の沼沢聡教授は「化学物質の中で最も毒性が強い神経ガスのVXを用いたことが想定される」とした。

 沼沢氏は「口から泡を吹くような症状が伝えられているが、VXをはじめとした神経ガスの典型的症状だ」と指摘。VXは皮膚から吸収した場合、「時間を置いて急速に症状を悪化させ死亡する。今回は死亡するまでに一定の時間が経過しており、VXの特徴と合致する」とみる。周囲に被害が出ていない点についても、「液状のVXをクリームなどに混ぜて使ったのではないか」との見方を示す。

 これに対し、神奈川大学の常石敬一名誉教授は「毛穴からも体内に吸収される神経ガスは扱いが難しく、クリーム状にしても、準備や襲撃の段階で襲う側にも被害が及ぶはずだ」とした上で、「トリカブトなど動植物から抽出した自然界由来の毒物の可能性が高いのではないか」と述べる。」


一つ言えるは、いろいろ、カメラが、必要なことが、この事件で、解る。
人が多いところには、多くの監視カメラが、必要。
そして、殺し屋とは、あんな簡単に、殺されること、多くの世界の人が、知った。
空港の管理は、本当に必要なことだ。

とくに、酷い国の人には、管理が必要な時代。


「犯行から27分以内」は、いろいろ、考えさせられる。
空港の危険と、そして、変なテレビ番組と、人は、疑問に思わない、
行動が、警備も、医者も管理も。
危機感のない行動が、問われる。

もし、感染する兵器が、空港で、始まると、もっと、大量に死んでいた。


国会は、大阪の学校法人の問題より、空港の管理と、検査、監視カメラの本年度の予算、
問うのが、本当の予算委員会。

日本にも、北朝鮮のスパイは、いるのだろう。
ことによりと、野党にも、売国奴がいるかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 解らない、この質問、無意味。 | トップ | 酷い国だ、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。