二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

面白い、会見。

2017年07月01日 02時58分19秒 | ニ言瓦版
いろいろな人がいるが、こんなに、面白い人は、いい。
将棋界も、色々、過去、変な事件、愛人、不倫など、あるが。
昔、昔。
それでも、77才で、こんなに、面白い人は、いたのか。
いい。
将棋は、支援した新聞社、いろいろな大会があるから、生かされていると、
いうこと、よくよく、お礼を言っていた姿は、頭がたがる。


将棋の話しから、人間性が出る、私生活。




「将棋の竜王戦6組昇級者決定戦に敗れ、63年に及ぶ現役生活に別れを告げた加藤一二三九段(77)の引退記者会見が30日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた。

 報道陣約100人が詰めかける中、加藤九段は「公式戦で1324回勝っていますが、魂を燃やして精進した結果、色あせない名局を指せたことが誇りです」と力強く語った。

 福岡県出身の加藤九段は14歳7か月で四段に昇段。藤井聡太四段(14)に破られるまでのプロ入り最年少記録だった。18歳で順位戦A級に昇級し、「神武以来このかたの天才」と呼ばれた。

 思い出の対局として、竜王戦の前身の十段戦で大山康晴十五世名人を破って初タイトルを獲得したことを挙げた。「1手に7時間の長考をして天来の妙手を発見した。棋士としてやっていける確信を得た」と懐かしんだ。ライバルだった中原誠十六世名人から名人を奪取した将棋は「生涯この一局」と振り返った。」




戦いは、経験と、記憶に残る。
何か、日々、私生活は、仕事でないが、将棋。
将棋から見ている姿と、とりとめもない、会見。
内容が、ふんだんに、文章でいうと、小説か、コラムのように、いろいろな関連の話が、
止まらない。

質問者は、二人か、三人なのに、加藤一二三氏は、一つの質問に、いろいろ、話、体験と、昔の話の戦い、そして、今の食事、対戦したときの所作で、人の人間性を見抜く姿の話。

藤井聡太四段の対戦した時の話は、面白い。
加藤氏が、対戦の合間に、ケーキを食べるときか?
藤井聡太四段は、チョコ。
加藤氏が、食べるの待って、食べるという。
人柄が解るという。話は、面白い。
https://www.youtube.com/watch?v=WqbPtpqS_AY
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安くなるといい。 | トップ | 出会いが酷いが、人間性。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。