二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

医者の話で、終わるのかもしれない。

2016年10月20日 00時02分32秒 | ニ言瓦版
そうなのか、何かも悪、不倫、演じるには、
何か、違う。
もっと、妖艶で、色気のある、そして、
面白い、女優がいるのではないか。
タレントでも。
物足りないのと、役が、色気と、愛人に見えない。
ただの秘書にしか見えない。



「元ミス・ワールド日本代表の田中道子(27)が、テレビ朝日の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(十三日スタート、木曜午後九時)で女優デビューする。「いつかはボンドガールに」の野望を胸に、日本代表の栄冠から四年間を演技のレッスンに費やしてきた。“失敗しない”人気作での第一歩に武者震いする。 (鈴木学)


 「女優のスタートが『ドクターX』で、うれしいのと同時に『大変だ』と思いました。演技のレッスンを重ねてきて自信はつけたつもりですが、作品の大きさに不安もあります」と率直に明かす。


 田中は、米倉涼子が演じる主人公の宿敵、蛭間病院長(西田敏行)の秘書兼愛人を演じる。表向きは忠実に尽くしつつ、金とステータスが大好きで、蛭間を手玉に取る魔性の女だ。演出家の指示は「とにかくしたたかに」。しぐさや声のトーン、目線など、シリーズで同様の役を演じた笛木優子を参考に悪女役に挑む。


 「大人数でいる時と、二人きりでいる時の病院長との関係の落差に注目してください。実際の自分? 単純だし泣き虫だし、したたかとは無縁かな」。事務所の先輩で、女優を目指すきっかけにもなったという米倉との共演シーンを心待ちにしている。


 推薦で出場したミス・ワールドの日本代表になり、人生が変わった。小さいころからアクション映画が好きで、漠然と夢だった世界に近づいた。モデルをしながら演技のレッスンを積み、今年三月には記者会見し「女優宣言」。所属事務所の「オスカープロモーション」では笛木以来、十年ぶりのことで、大勢の関係者、記者を前にして身が引き締まったという。」


 ミス・ワールド世界大会で一カ月間、一人で各国のミスたちと共同生活をしながら、並行して行われる審査や面談に臨んだ。それを乗り越えたことで、ハプニングに対し柔軟性が付き、物おじしなくなった。


 「『台本をもらった時点で演技の“器”が決まる』と演技の先生に言われたんです。それまでに身に付けた演技力、感情表現が出るから常に勉強を続けないといけない、と」。充実した勉強の日々を送る。


 今の課題は「自分の殻を破ること」。その上で「いつか『007』のボンドガールをやってみたい。レッドカーペットを歩きたいんです」。瞳を輝かせながら、そう夢を語る。


<ドクターX> フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)の活躍を通して医療現場を描くドラマシリーズ。未知子の決めぜりふは「私、失敗しないので」。第4弾の今シリーズは、蛭間率いる国内最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、医療の本質を見失って「病院の格付け」に躍起になる白い巨塔に未知子がメスを入れる。


<たなか・みちこ> 1989年8月24日生まれ。静岡県出身。ミス・ワールド2013日本代表。モデルとしてファッションイベントや女性ファッション誌などで活躍。16年3月、「女優宣言お披露目記者発表会」に臨んだ。身長172センチ。


 趣味・特技がテニスで、スキューバダイビングもたしなむ。体を動かすことが大好きで「プロ野球の始球式をやりたい」とアピールする」



ミス・ワールトも、女優の道も、秘書、愛人役では、荷が重いものだ。
前回の婦長は、問題のある事件があるから、出られない、医者の話で、
終わる物語になる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 期待 | トップ | 不思議、年齢からすると、よ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。