二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

そうなのか、いろいろ

2017年02月09日 04時19分25秒 | ニ言瓦版
今日は、東京新聞の記事ばかり読んでいる。
いろいろ、店がある。
カフェーか。


「小田急線世田谷代田駅(東京都世田谷区)前にある「cafeシモキタトナリ」。児童養護施設を退所した若者らの相談にのったり、就労支援をしたり「カフェでできる福祉」を手探りで行っている。福祉色を前面に出さず、気軽に立ち寄れるようにして若者の自立を支えている。 
 運営する一般社団法人「SHOEHORN(シューホーン)」の武石和成代表(33)は、かつて児童養護施設で六年間働いた。親の虐待を理由に入所した子どもたちは退所後も親を頼れず、相談できる大人も周囲に少ない傾向があるという。
 施設の職員は忙しく、退所した若者のフォローに時間を割けない面がある。退所後の支援はNPO法人なども行っているが、足が向きにくい若者も多い。「フラッと立ち寄り、元気をつけてくれたら」と二〇一五年六月、カフェを開店した。
 店名は下北沢駅の一駅隣という意味。約五坪で、客は一日三十~五十人。ほとんど近所の住民で、施設を退所した若者はごく一部。
 店内には、さまざまな職業とやりがいを書いたファイル「おシゴト図鑑」も。客に記入してもらい、退所者を含む若者に閲覧してもらっている。ウェブでも公開し、児童養護施設にコピー配布も考えている。「人間味あふれた仕事情報を見たら、親しみを持ってくれるのでは」と武石さん。
 店内をはじめ、外に店を出す場合にもカフェの仕事を手伝ってもらう職場体験を実施。就労に自信のない若者に自信を付けてもらう狙いで、施設退所者以外も含め、これまで約五十人を受け入れた。
写真
 ドリンク二杯分の価格で、一杯は退所した若者にごちそうする「エールチケット」も販売。若者や地域の支援者が参加して思いを語り合う催しも毎月一回開いている。
 ただ、あくまで福祉施設ではなくカフェ。「私が若者なら『支援してあげるからおいでよ』という店には行かない」(武石さん)からだ。そのため、山形県産の野菜を使った日替わり定食やスムージーといった人気メニューを工夫。野菜やパン、お菓子も販売している。妻で店長の由貴子さん(31)との間に昨年十月生まれた長男が“看板息子”として客を和ませる。
 児童養護施設の元職員で、同じような店をやりたい人も多いといい、武石さんは「ビジネスモデルとして成立させ、前例をつくることが使命」と力を込めた。」



いろいろ、あるのだ。
昔は、喫茶店が、多く、その中で、相談するとか、いろいろ、情報があった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今後。世界は、見ている。 | トップ | 考えると »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。