二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

勝手な解釈ではあるが、県と

2017年04月19日 02時23分21秒 | ニ言瓦版
議会制とはいい。
また、選挙して、問うのか。



「英国のメイ首相(保守党党首)は18日、閣議後に緊急演説し、2020年5月に予定されていた下院(定数650)の総選挙を早め、6月8日に行う意向を表明した。

 今も世論が分かれる欧州連合(EU)離脱のあり方を国民に問い、今後約2年間続く欧州との離脱交渉に向け、政権基盤を盤石にしたいとの狙いがある。英国民は、EU離脱をめぐり、再び選択を迫られることになる。

 メイ氏は3月29日、EUに離脱を正式通知した。今後は厳しい交渉が予想される。難航すれば、離脱のあり方をめぐって反発する最大野党・労働党などが政権を揺さぶり、英国が強い立場で交渉できなくなる懸念が指摘されている。

 メイ氏は18日の演説で、「議会の分断はEU離脱の成功を脅かす。離脱を実行するには、強く、安定した指導力を確保する必要がある」と述べ、離脱交渉が本格化する前に選挙を実施する意義を強調した。

 総選挙を前倒しするには、首相が動議を発議し、下院で議席の3分の2にあたる434以上の賛成が必要だ。労働党のコービン党首は、19日の採決で賛成する意向を表明。承認が得られるのはほぼ確実だ。」




のんきなこと。
EU離脱は、決まっているのだろう。
また、選挙で、やめるのか、するのか。
酷い国民。
内閣が変わると、変わるのが、議会制。

アメリカも、議会から、大統領でなく、首相を選ぶのか、いい。
過ちは、正すのは、議会。


でも、問題は、決まったことは、EUは、怒ることだろう。

早く、出て行けと、いうのが、EU。


フランスの選挙も、どうなるか。
最後は、EUは、なくなるか、ドイツの天下で、ドイツ帝国のように、ユーロ・EUが、なるのかもしれない。



庶民からすると、EUの中は、日本でいう、県みたいな国が、維持しているものだ。
海外から、投資も、いい、産業のある国・県が、あるところに、近くに、投資するのが、
普通の投資、支援。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危機は、いつ。 | トップ | 凄い、尿か。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。