二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

危機は、いつ。

2017年04月19日 02時10分46秒 | ニ言瓦版
どんな会談だったのか。
朝鮮半島の戦争状態になるのは、いつか。
問われるものだ。



「安倍晋三首相は18日、米国のペンス副大統領と公邸で会談した。ペンス氏は、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮への対処に関し「平和は力によってもたらされる」と述べ、一層の圧力強化で解決を目指す姿勢を鮮明にした。両氏は、6回目の核実験や弾道ミサイル発射など、北朝鮮によるさらなる挑発行動の阻止に向けた連携強化で一致。中国の役割が不可欠だとして、影響力を行使するよう働き掛けを強める方針も確認した。
 ペンス氏は、北朝鮮問題解決へ米大統領は日本と韓国、中国と連携する決意だと説明。「中国には同じ行動を取ってもらえると期待」と述べ、国際社会による圧力強化の重要性を強調した。」





呑気なのは、北朝鮮の市民と、軍かもしれない。

一発即発の時期。

怖いのは、いつから戦争になるか。
それが、問われる。

現実、日本の軍備、防衛の対策は、できるのかと、問われる。
しかし、問題は、野党は、酷いものだ。

とくに民進党は、平和ボケの継続している。
危機管理の今、国会は、正しい仕事しろ。
日本国内で、朝鮮戦争の復活する時期から、テロ、起きたとき、
取り締まるは、警察では。

有名な建造物に、嫌がらせしている外国人の犯行も、警察は、取り締まれないのは、
犯人を簡単に、海外に行かせるも、怠慢の警察の取締。


建造物には、監視カメラの増やすことと、門、出入り口には、数台の監視カメラ、
つけないと、後から、調べるも犯行も解らない。

監視の日本国内という警備が必要なこと。
売国奴もいる日本。

いつ、国内と、海外から攻撃が来るか。
防衛、危機管理。

まさか、韓国に旅行する日本人は、いないと思うが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・チャーハンか。食べてみ... | トップ | 勝手な解釈ではあるが、県と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。