二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年05月19日 02時58分52秒 | ニ言瓦版
負けたのは、そうか。でも、最近、汚く見える。
八百長の事件。
テニスは、不正があるように、見ると、何で、簡単に負けるかとか、
いろいろ、勝ち方が、変な試合が、疑問に見える。




「テニスのイタリア国際は18日、男子シングルス3回戦が行われ、世界ランキング9位で第7シードの錦織圭(27=日清食品)が、同34位のフアンマルティン・デルポトロ(28=アルゼンチン)と対戦。6―7、3―6のストレート負けでベスト8進出はならなかった。

 初戦で右手首の不安を感じさせない戦いを見せていた錦織だが、第1セット第1ゲームでいきなりブレークを許す。第8ゲームでブレークバックに成功して流れに乗るかと思われたが、第11ゲームでデルポトロがまたもブレーク。第12ゲームで再び錦織がブレークバックしてタイブレークへ突入したが、デルポトロの強力なフォアハンドに押し込まれ、4―7でタイブレークを落とした。

 第2セットも流れはデルポトロ。錦織は第3ゲームであっさりとブレークを奪われて劣勢に。時折、鋭いリターンで会場を沸かせたものの、デルポトロにサービスゲームをきっちりとキープされて苦しい展開となった。

 結局、第2セットは1度もブレークを奪えず3―6で完敗。デルポトロに12年ロンドン五輪準々決勝以来となる敗戦を喫し、3回戦で姿を消した。」




どうも、不正の目で、見ると。
楽しめないが、現実、不正が、ある事件。

正しい、戦いと、思うが。強いものが、勝つのか、試合だ。

強いから、賞金が得られる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いるのか。教育が、試験の厳... | トップ | 寺。永代供養。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。