二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

何か、すべては。

2017年01月30日 17時57分26秒 | ニ言瓦版
何か、いろいろ、事件が起きる。



「カナダ東部のケベック州にあるイスラム教の礼拝施設モスクで、複数の男が銃を発砲して6人が死亡し、警察はこれまでに2人の男を拘束し、動機など事件の背景について調べを進めています。
カナダ東部ケベック州の州都、ケベックシティーにあるイスラム教の礼拝施設モスクで、現地時間の29日午後8時ごろ、日本時間の30日午前10時ごろ、複数の男が銃を発砲しました。

警察によりますと、これまでに6人が死亡、8人がけがをしていて、市内の病院で手当てを受けているということです。事件当時、モスクでは大勢の人が集まり夜の集団礼拝が行われていたということで、地元メディアは目撃者の話として、マスクで顔を覆った男2人がモスクに入ってきて銃を発砲したと伝えています。
警察は事件後、犯人の行方を捜査していましたが、これまでに2人の男を容疑者として拘束し、事情を聞くなどして動機など事件の背景について調べています。事件を受けてカナダのトルドー首相は声明を発表し、「イスラム教徒へのテロ行為だ」と非難し、捜査に全力を挙げる姿勢を示しました。

事件のあったモスクでは去年6月、イスラム教の断食月のラマダン中に、イスラム教徒が不浄な動物としている豚の頭部が玄関口に置かれる事件が起きていたということです。
カナダは多様な人種や宗教の共存を目指す多文化主義を掲げていて、少数派のイスラム教徒が犠牲となった今回の事件は大きな衝撃をもって受け止められています。
トルドー首相「思いは犠牲者と家族とともに」
カナダのトルドー首相は、ケベック州のモスクで起きた銃撃について自身のツイッターに、「今夜、ケベックシティーのモスクで卑劣な銃撃が起き犠牲者が出たことについて、カナダ中が深い悲しみに暮れている。私の思いは犠牲者とその家族とともにある」と投稿しました。

また、ケベック州のクイヤール州首相は「ケベック州はこの野蛮な暴力を断固として拒否する。暴力に対して団結し、イスラム教を信仰するケベック人と連帯しよう」と投稿しました。」



何か、テロなのか、それても、何かのこと。

世の中、冷静が消えているのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どの社会にも、 | トップ | 現実の生活。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。