フィヨルドの変人 ~Odd person in fjord~

ぇいらっしゃ~い!!!

草津良いとこ 一度はおいで

2017年05月20日 20時13分54秒 | 日記
ぬたりはサッカーというものに全く興味はなく、ワールドカップすらも全く見ない人間なのであるが、ぬたりの居住する群馬県にはサッカーのプロチームがある。J2、ザスパクサツ群馬である。
ええもお、今年は成績が惨憺たるもので、5月20日現在、リーグ成績は2勝1分け11敗の勝ち点7の最下位である。ちなみに得失点差は-20でこれもドベ。次に数字が悪いのが-9だからその差は12点。もう数字に関してはどこを切り取ってみても恥ずかしい数字でしかない。

んでまあ、そんな感じのこのチームの試合を、昔見に行ったことが一度だけあったなあ、ということを思い出したので、今日はそのネタで。
それは2003年のこと。当時のチーム名は「ザスパ草津」。まだアマチュアチーム時代で試合会場も草津町のグラウンド。所属リーグは群馬県一部リーグ。まだ「Jリーグを目指そう」と言う目標で活動をしていた時期で、試合の観覧は無料だった。奥野遼右、小島伸幸なんていう、結構一般認知度のある方々が指導に当たっておられて、そんな田舎町のグラウンドのベンチに座って(奥野氏は選手兼任監督だったけど、確かぬたりが見た試合では出番はなかったと思う)声を出していた。群馬県のトップリーグと言えば聞こえは良いが、所詮アマチュアリーグ。試合消化の効率のため、1会場で2試合行われる。アナウンスされたザスパの試合時間の前に他のチームの試合が行われ、その試合終了後の選手たちが車座になって話をしており、たばこをふかしている選手もいたほどだ。まあ県で言えば強豪チームのリーグだとしても、観客動員とかそういうの意識してない(だって観覧無料だし)、お気楽な雰囲気だったわけさ。
まあそんな中で「田舎の温泉町からJリーグへ」ということを明確に意識したチームであるし、選手が温泉旅館でバイトして食(まかない)と住(旅館の寮)を提供してもらってバイト代をチーム運営に充てる、というかなりユニークな体制で、町のみんなでバックアップ、みたいな雰囲気が熟成されていたザスパには、すでに鳴り物(太鼓)の応援団がついていた。正直、緩い雰囲気のアマチュアリーグ戦の試合に鳴り物応援は、端から見ていてかなり気恥ずかしかったけれども、応援する方もされる方もみんな楽しそうだった。あの会場にいた中で一般認知度が一番高い小島伸幸さんも、応援団の一員のおじさんと楽しげに会話してるとこしか記憶に残っていない。みんな「いつかJに」という夢があったから、大変だったろうけど楽しかったんだろうなあ。
とは言え、当時から将来に暗雲が垂れ込めていたのは確か。おらが町のアマチュアチーム、として活動していくだけならともかく、プロ化、Jリーグのチーム化するとなれば組織体制も相当に拡充しなきゃだし、そもそも草津町のような田舎にJリーグの求める規格のスタジアムを建てるというのは結構無謀。それどころか当時群馬県内まで対象を広げてみても規格を満たすスタジアムは存在しなかった。ぬたりが見に行った年くらいまでは、マスコミでもユニークな試みとして紹介され順風満帆だったものの、後には急成長に組織の拡大が追いつかず経営面では何回か不祥事とも言える事態を引き起こすことになる。スタジアムに関しても、結局は地元に用意することはできず、県下で最も大きな陸上競技場に本拠地移転をしなければならなくなった。本拠地移転に関しては、まあやむを得ない部分はあるにせよね。他県の人には分からないと思うけれども、全国有数の温泉地ではあるんだけれども、公共交通機関でも自動車でも、かなり県の都市部から時間かかるのよ、草津って場所は。最寄りの市である渋川(つーても人口8万弱の田舎町)まで、JRとバス乗り継ぎで待ち時間抜いても1時間半以上、自動車でも1時間半程度かかる。あそこに大規模スタジアム立ててもなあ、っていう意見には頷かざるを得ない。もはやトップチームは草津に帰ることもほとんどなく、気が付けばすっかりザスパの前には現実しかなくなってしまった。あの頃の夢に立ってるんだけどなあ。
もちろんそれはやむを得ないと思うし、当時は夢があったのに、と懐古に走っても意味はない。少なくともぬたりが見に行った当時、マスコミを含む多くの人に「ユニークな形でがんばって夢を目指してがんばっている人がいるなあ」と思ってもらえていたことは事実だし、同じ夢を会場で見ていた人も複数いたことも事実。そういう人たちが「良い夢見させてもらったよ。アバヨ!」といって去って行ってもいいの? ということは、当時のグラウンドに足を運んだ一人として、ここに書いておこうかな?

あなた方が観客や県民に見せたいものは、夢ですか? 現実ですか? そもそも何かを見せたいですか? 見せたいものはちゃんと見えていますか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心機一転! | トップ | ぬこ様の定点観測 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL