フィヨルドの変人 ~Odd person in fjord~

ぇいらっしゃ~い!!!

緑の山河

2017年03月22日 22時23分50秒 | つぶやき
某右寄り教育をする学校が槍玉にあがっているのを見て、まあ安く土地を買えたシステムははっきりさせて欲しいと思うが、教育内容まであれこれ言われているのを見て、良い時代になったのかそうでないのか分からんな、という思いを新たにする昨今。今それを槍玉にするなら、ぬたりの時代くらいまでのソフホーズコルホーズ万歳も当時槍玉に挙げて欲しかったがなあ。・・・と思って、なにやら懐かしい響きだわなあ、と感慨しきり。ソビエト崩壊から20年以上、もう学校教育でも教えてないんだろうなソフホーズとコルホーズ。
ぬたりのブログ読む人にまさか若い人はいないだろうから、いまさら語句を説明する必要は感じないんだが、検索で飛んできた若い人向けに簡単に説明すれば、ソフホーズとコルホーズは、かつて存在したソビエト連邦にあった農場のこと。
国営農場がソフホーズ、日本で言う農協みたいな半官半民の集団農場がコルホーズ・・・とまあ、偉そうに言ってますけどもぬたりもどっちがどっちか分からず、ついさっきウィキペディアで調べたわ。中学の社会科の石田先生すみません。教えて貰った社会科の知識はすっかりどこかに置いてきましたわ。
さて話は学校教育に戻るが、「みんなで平等に働いてみんなで平等に対価を得てみんなで助け合う」という共産主義の理想は、どうも学校教育の目指す先とリンクしやすかったらしく、かつて共産主義指向が強い教育者が多くいて、教職員の労働組合である日本教職員労働組合(いわゆる日教組)もその色が非常に濃かった。んで、「みんなで働くみんなで対価得る」の分かりやすい例として、ソフホーズとコルホーズを礼賛する教職員がかつてはそれなりの数いたわけさ。
ま、昨今話題の学校も共産主義を礼賛する教師も絶対数は多くないわけでな。ぬたりもそれっぽい教師がいることはいたが、直接的に共産主義礼賛を聞いたことはない。前述の石田先生も別に思想的なことは何も言ってなかったしな。
それにしても、話の流れでソフホーズやコルホーズと話題にしたが、なんか逆に語句が新鮮に感じるのはなぜかしらね。多分、旅行好きで地図見てれば1時間でも2時間でも過ごせる今のぬたりにとって、地理用語ってのは興味を引く内容なんだろうな、と。子供の頃にはそういうのなかったから、地理という教科に関しては得意でも不得意でもなかった。
だから今中学の地理の教科書とか読んだら案外面白く読めるんじゃあるまいか? ボーキサイトとか太平洋ベルト地帯とかてんさい(ビート)産地比率とか、正直もう20年以上会話に出したことすらない様な単語とまた会えるってのは、なんかちょっとうれしい様な気がしませんかね。アマゾン叩くと教科書って古本はいくつかヒットするのな。JCが使った古本ならまだ良いけどなあ(犯罪的思考はそこまでだ)

ま、アレっすよ。学校の仕事なんてしょせん勉強の仕方を教えること。その程度しかやらない学校や教師に過渡に期待はしないが吉、ってことかな。学校で勉強する気、教えてもらう気ばかりで、自ら学ぶ気、学校以外で勉強する気があまりなかったぬたりが高校で落ちこぼれたのは、まあ今から考えれば当然だったんだわな。今から思えば惜しいことをしたもんだ。まあ人生をやり直したくはないがな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の轍

2017年03月21日 22時10分57秒 | 僕もうさだファンじゃ(殴)
今日の仕事帰り。

三連休明けの勤務は意味もなく疲れるものだ。折も折、年度末。余計に気忙しい。
仕事を終え帰宅の途に就く。車で1時間以上と言う遠距離通勤では、今の季節、定時に帰ったとしても帰宅半ばで日が沈み暗くなる。
やれやれ、疲れたな、とつぶやきつつハンドルを握る。今日は雨がしとしと降っている。窓の外はもう暗い。
ふと聞いていた曲が終わる。iPodのシャッフル演奏がぬたりの車ではデフォルトの設定であり、曲に関してはライブラリからランダムに選ばれる。少しはこの疲れた体をいやす曲をかけてくれよな。
で、いきなり「償い」かけんじゃねえよ。少しは空気読めiPod。

運転するの怖くなったじゃねーか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨は降ってなかったから思い出は見えなかったな(意味不明)

2017年03月20日 22時00分59秒 | 日記
軽井沢プリンスアウトレットに行く。・・・いや、ティファールのフライパン買いに行っただけだが。
結婚時におかあちゃんの友人からティファールの鍋とフライパンセット(取っ手が取れるやつ)を貰って愛用しているのだが、フライパンのテフロン加工が剥げてしまったのでこれだけを買いにね。取っ手が取れるティファールの単品売りって、ティファールの正式ストアくらいでしかやってないんだもんな。
しかしまあ、軽井沢のアウトレットはホントにすごい規模まで成長したもんだ。世界でも有数の規模だと思うな。何しろ軽く流して見てたぬたり達がモールに滞在した時間がざっと5時間。詳細に見ていけばもっとかかるぜ。ぬたりが新婚旅行時にハワイの某アウトレットモールに連れてって貰った時にさして盛り上がらなかったのは、ここの存在がデフォルトだから、ってのが最大の理由だしな。高速使えば軽井沢まで車で1時間だもん。
それにしても冬の軽井沢の冷え込みはホント独特。温度計自体は5度を示していて、まあ温かくは無いけれどもそれなり、な温度の筈なのに、風がホント冷たい。その中で5時間くらい(1周回るとそのくらいかかるよ)はかけてアウトレット見て回るんだから、そら体は冷え切るっつーのね。昨今はモール的には閑散期(それでも結構人がいますが)なので、お店の改装とかもやってて、寒い中昼飯難民になりそうにすらなったわ。いや、贔屓にしてたお店が営業終了しててね。いつもすいてて良かったのに(原因はそれだ)。
それにしても3月とは言え冬の軽井沢である。軽井沢プリンスと言えばスキー場も併設されている訳なんだが、麓から見ている分には、正直日曜日にしては人影がやや寂しい。ぬたりが軽井沢でスキーしたのはもう15年以上前だが、もっと人が沢山いた様な気がするがなあ。スキーやスノボやってる人は確かに減少してるんだなあ。まあ、金かかるししょうがねえか(交通費、リフト券、用具レンタル、食事を合わせれば1人2万以上は1日で飛ぶもんな)。ぬたりももうスキー行く気はないもんな。経済的な問題はもちろん体力的な問題もな。下手に運動して怪我するのもね。

結論として今日は何を言いたいかと言えば、軽井沢駅に来る新幹線車両はすっかりE7/W7系ばっかりになったなあ、と言う事でな(今までの文章となんも関係ないわ)。当日ぬたりが見かけた車両は全部E7/W7系だったわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハックルベリーの友達

2017年03月18日 13時54分16秒 | 僕もうさだファンじゃ(殴)
「劇的ビフォーアフター」特番で復活!番組史上初“島”ごとリフォーム←リンク先はヤフーのニュース

ホントなんか最近テレビに引っ張りだこだなさださん。
年初一発目に珍妙な踊りを披露してYoutubeで230万ヒット叩き出したりインスタグラム始めたり(インスタはアカウント持ってないんで分からんが、まめに更新できてるのかしら?)、もう年金世代だってのに良くやるわ。ただ、そういう無茶苦茶やってる姿は実にほほえましいわ。
ま、番組の方は若干の演出は見えなくもないけどね。買ってから放置っつったって管理人はいたわけだしね。それに3500万円の予算も、借金なくなったさださんならもっと出せるでしょ、って気もする。いかにもフルリフォームならこんなもん、という計算が見える感じ。
とは言え、これはテレビ番組なのでそれなりの演出はこらもう仕方ない。それにたとえ経緯がどうであろうと、もしもまた詩島のバンガロー宿泊が再開されるなら、かつてこれほど喜ばしい話もないわけでな。何しろ男の子は得てして島とか未開の秘境とかにワクワクする生き物である。湾内とは言え孤島である。かつて長崎にあったさだまさしグッズショップ「雨やどり」の店長さんが宿泊経験者で、「こんなところ」チラシを作製して、それを見たぬたりはあまりの羨望にヨダレを流したとか流さなかったとかそんなエピソードはないですよ。だって僕もうさだファンじゃ(以下略)

そもそもあの番組は仕組み自体に結構な無理がある。ぬたりも家建てたから分かるけれども、いくら設計デザイン費がいらないとは言え、概ねの希望だけで間取りや設備関係に関して細かい打合せができないという番組フォーマットはギャンブルに過ぎる。新日本プロレスの寮とか今回のさださんの島(別荘みたいなもん)は普段施工主が生活するわけじゃないし、寮なら住むのは若手だから「ごちゃごちゃ言わんとスクワットでもしてやがれ!」と文句をねじ伏せることができる。でもそこで毎日暮らすとなれば細かい設備一つとっても暮らしにくさに直結するから、当然細かい打合せは必要なんである。ぬたりも建築着手前も建築中もそれはそれは細かく担当と打合せをしたもんである。それでも「ここは失敗したな」と思う箇所はいくつかあるわけだから、ぬたりとすると打合せなしというのはとても信じられない。ましてやリフォームというのは必要に迫られてするものなのだから、意見のすりあわせというのは一番大事な作業だろうと思う。
ただ、家造りを経験した人間とすると、罪なことにあの番組はホントに面白い。自分の経験があるから、匠の工夫一つ一つが「これ面白いなあ」とか「こんな方法があるんだ」と実体験に即した形で見られるのよ。番組見た後だと、自分の家の無機質なコンクリ基礎一つとっても、なにやら興味深く眺められる様な気がするんだよね。
だから「番組で人がやってるのは楽しく見られるけれども、自分が番組にお世話になるのは真っ平御免被る」という感じではあったりするな。そういう感覚の人が多いから、応募が集まらずに不定期特番に移行したって側面もあるんだろうけど。まあ、今後はこう言う芸能人関係の物件が多くを占める様になるんじゃないかと思うんだけど、それなら番組スタッフとしても作りやすくなるだろうから、それはそれで楽しく見られそうな感じだよなあ、と思うな。その一発目にさださんの詩島が見られるというのは、ホント、人の縁とは不思議なもので、って感じだなあ。いや何度も言いますが僕はもうさだファンじゃないですからね!(カレンダーの4月2日に印をつけながら)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢一夜

2017年03月15日 21時15分42秒 | 日記
こんな夢を見た。

ぬたりは漁港にいた。空はどんよりと薄曇り。人もまばらである。
ぬたりが立っているのは海に向かった斜路である。足下には漁網がある。まばらではあるが釣り人はおり、ぬたりのすぐ近くにも釣り人はいる。そしてぬたりはその釣り人を見ている。
釣り人は投げ竿にて仕掛けを海へ放る。それを目で追うぬたり。仕掛けは海へ放物線を描く。それと時を同じくして足下の漁網が動きを見せた。海の方向から引っ張られる様な動きだ。沖で船が引っ張っているのだろうか。ふと足下に感覚を感じ目線を下げると、漁網に繋がる綱がぬたりの足に当たっていた。摩擦で多少の痛みを感じる程度の感覚で、ズリ、ズリ、ズリ、という感じ。ズリ、ズリ、ズリ・・・

ここでぬたりは目を覚ました。そしてぬたりの足にじゃれつく猫を発見するわけさ。
意味もなく朝5時前という早い時間に起こすんじゃねーよ。つーかその癖は夏までには直せよな。夏は手足布団から出して寝るんだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加