心の免疫力~書とことばから

もっと暮らしに書を~
雲のように水のように あっけらかんと自在に生きるヒントを
求めて~ by 沙於里

音楽の力

2016-12-07 | ワークショップ・ライブレポートなど

昨日は夜6時半過ぎから、つなぐ展で一緒だった
染織家のおがわみかさん宅で筆遊びワークショップ~。

つなぐ展にもお越し下さったヨガの先生~祐子さんと中学1年の里穂ちゃん。
部活を終えてダッシュで来てくれて。

あったかいそば茶を1杯頂いたら、早速スタート。
BGMはキザイヤ・ジョーンズ(大人すぎた

最初は、今ふと心に浮かんだ漢字一字を~。
初めは半紙の真ん中に王道的に。

そこから、文字の持つ意味、自分の中にあるイメージを膨らませて
文字を書くのではなく、絵を描くように~と。

そう、それと、書くときは声を出す
ひゃ~、とか、しゅ~っとか、えいっ、とか。

お習字じゃないからね、自由に、解放する感じで 

私は作品を作る時、音楽は必須。音楽がないと書けない。
その時自分の胸の真ん中に、ぐぐっとくる音楽をガンガンにかける。
紙の前に立って音楽を全身に浸み込ませて、音楽に力をもらって書く。

里穂ちゃん:「え~でもお母さんは勉強するときに音楽はダメって言うよ」
おかあさん:「・・・
沙 於 里:「私たちね、ブラバンだったから音楽は大事なの

おがわみか:吹奏楽は、いろんな楽器がひとつになって音楽を作ってるのね。
      練習の時はあっちでクラリネット、こっちで打楽器がそれぞれ音を
      出していたり、同じ楽器同士がハーモニーを作っていたりするんだけど、
      その混ざりあってる感じが心地よかったのよね。

      染と織の仕事も、それに似ていて、色と色、糸と糸、
      それを混ぜ合わせながらひとつのものを作っていくっていうか。
      染織をやっていく上でも、その時の体験があったから、みたいな。


私は、どんな芸術も音楽にはかなわないなぁって、ずっと思っていて。
音楽っていうか、「音」かな。

音楽は、誰もが本能的に素直に受け入れることができて、
癒したり、励ましたりできる即効性のあるエネルギーの源だと思うから。

で、里穂ちゃんに普段どんな音楽聞くの?と聞いたら、
歌詞がね、いいの・・って、もじもじしながら教えてくれて。



で、早速大好きな曲をスマホ動画を流したら、あれま~
からだでリズムを刻みながら、急に笑顔になって
「笑」の文字をたくさん書き始めて。

ほらね~ 

途中大人二人は椅子に座って休憩しつつも、
里穂ちゃん37枚、祐子さん33枚、みか27枚、
丸めたのも入れると、みんなで100枚以上書きました~。

ねぇねぇ。親子で展覧会やったらどうかしら。

やる~! とまずはおかあさん。
いいね!  新しい楽しい目標ができたね!


ふと時計をみると9時前。
きゃ~明日学校だよね、今日はまだ火曜日だよね(大人衆) 

里穂ちゃん、祐子さん、みか~楽しい時間をありがとうございました~

みか宅の玄関はサンタのアドベントカレンダーが。
若かりし頃、あんなに楽しかったクリスマスまでの時間が
あ~あ、どこに行っちゃったのやら。

今年は眠ってるクリスマスグッズ、出そうかな~ 

『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書TEN | トップ | 第16回扶桑印社展 6日~11日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ワークショップ・ライブレポートなど」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。