心の免疫力〜書とことばから

もっと暮らしに書を〜
雲のように 水のようにあっけらかんと自在に生きるヒントを
求めて〜 by 沙於里

やれ打つな蠅が手をする足をする

2008-07-22 | つれづれ
                        一茶の句 (8cm×15cm)



一茶の句はどこか禅の影響があるように思う。

昔は蠅たたきなるものもあって、蠅を見るとペシッとやっていた方も多いのでは。
そうそう子供の頃は、八百屋さんとかの天井から、
茶色い虫取りテープがぶら下がっていて
たっくさん虫が囚われの身となっていたのを思い出した。

蠅がどこかに止まって、手足をこする姿を見たことあります?

よ〜く見ると意外とかわいい動き。
両手をこすり合わせたあと、頭や目を気持ち良さそうにぬぐったり、
助けて〜とお願いしているようだったり。

そっか、よく考えたら、この蠅だって一生懸命生きてるんだなぁ。
おいおい、打つな打たないでやってくれい。
頼むから、その蠅を見逃してやってくれないかね。

一茶は、小さきものへ句がいくつもある。
中でも雀の句はたくさん。

  我ときて 遊べや親のない雀
  雀子を遊ばせておく畳哉
  雀の子そこのけそこのけ御馬が通る
  鶯にだまって居らぬ雀哉

  寝返りをするぞそこのけこおろぎ
  母猫や何もて来ても子を呼る


こんな時代だからこそ、一茶の句をあらためて読んでみたくなった。




ジャンル:
その他
キーワード
小さきもの
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 人には人の・・・ | トップ | 一夜限りの月下美人 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あまり、、、 (ぶの字)
2008-07-22 12:56:05
故人にせよ現代人にせよ
あんまし と言うかほとんど他人の詩句を読まない と言うか 読めない(眠くなってくる? 勉強ぎらい?)

だから おいらの詩句は決まり事や 形式から言ったら かなりいいてかげんなものなんでしょが

山頭火 ほうさい 一茶 良寛は舐める程度は読みやす

一茶の句には「思いやる」気持ちが溢れてると思うでやんす
現代に一番足りない「思いやる」気持ち

人を思いやり 自然を思いやり 文化を思いやり 家族を思いやり 未来を思いやり、、、「思いやる」気持ちで大体のものが解決すると思ってんの おいらだけ
ぶの字さん (沙於里)
2008-07-22 22:02:49
先週図書館で借りてきて、改めて一茶の句集を読んでます。
なんかこういうの忘れてたな〜って思って。 ほんと、一茶の句には、思いやる気持ちがありますね〜。

「思いやる」って、やさしくされた「思い」がないとなかなかできないようです。。。
誰かが気遣ってくれていても、それに気づかない人が増えたような・・。権利の主張はあっても、まず自分がやるべきことに気づかないっていうか。。
その連鎖が続くと、この国はどうなるんでしょうね〜

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。