心の免疫力~書とことばから

もっと暮らしに書を~
雲のように水のように あっけらかんと自在に生きるヒントを
求めて~ by 沙於里

書と絵画の線

2016-12-28 | 前衛・抽象

12月12日から銀座Gallery ART POINTでの
グループ展に出品していた作品のアップ集。


全体とは全然違うイメージかも。
今度はこの部分からヒントをもらって、作品制作してみようかな、とか。










日々を慌ただしく追われる中、自分なりに苦戦しながらも前に進むことで、
発見や反省、出会いもありました。

今回は画仙紙ではなく、ケント紙を使ったことで、
書ではないマチエールを楽しむことができました。

書と絵画の違いについて、感じるところもあれこれ。

書は線と空間(余白)。絵画は色と面。

そして、書の線に流れる時間は生々しく、躍動的。
絵画の、特に日本画や鉛筆画などの線は、冷静沈着。

私は木簡の、おおらかで自由で伸び伸びとした線が好きなので
絵画を見る時も、線に動きのあるものに心惹かれます 

たとえば、今回一緒に出品されていた春日葉子さんの作品






墨の濃淡、紙の妙、線のあれこれだけで、こんな世界が描けたらなぁ。
色にはかなわないところもあるけれど、挑戦してみたいです。


会場にお越し下さった方、参加の機会を与えて下さった
ギャラリーの吉村さまにも感謝です。

ありがとうございました。

遠く山口からもお越し下さっていたのに、お目にかかれず残念至極。。
波多さま。本当にありがとうございました。








GALLERY ART POINTでは、1月12日~1月20日まで
New Year Selection 2017 -来場者の投票による大賞セレクション展-が
開催されます 









ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ∞ Infinity 2016展に参加して... | トップ | 第16回扶桑印社展レポート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。