夢千年のナチュラル・ライフ

オーガニックな暮らしを求めて、愛知県の作手高原へ一家で移住して15年。スローライフ&スローフード実践中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スイス日記 その3(フリードリヒスハーフェン〜ブレゲンツ)

2016年09月19日 | ナチュラル・ライフ日記
今回のユーロバイク会場では、こっちは仕事で来てるというのに
毎日、能天気な娘に振り回されました(汗)

それだけでも気疲れするのに、さらにこの日はゴミな電車クルー(オバハン)と
ドイツの電車の対応にえらい目にあった。
EURO BIKE が終ってフリードリヒスハーフェンから
ブレゲンツのホテルに帰ろうとした日のこと。


メッセからマウンテンバイクで自走(約5㎞)して駅まで移動。
電車の切符を買い、15分以上遅れて到着した電車に乗り込んだ。
・・・そこまでは良かった。


すると駅員のオバハンが登場し、「降りなさい。
自転車を積むなら1台につき5ユーロの切符を買え」と。
「いつから有料になったんだ??」と思いつつ、とにかく電車から降ろされたので
「自転車の切符はどうやって買ったらいい?今ここで払えますか?」
と聞いたら「窓口へ行け」と言われ、無情にも電車は私たちを置いていった。。。
私たちの他にも普通に、電車に乗ろうとしたお客さんが何人かグループで来ていたが、
乗りこみ途中でドアを容赦なく閉められていた。
仲間のうち2人がホーム取り残されるという。。。
いくら電車が遅れて到着して急いでるからって、意地悪すぎる。

私たちは仕方なく自転車の切符を買ったが、次の電車は1時間後。
なにもすることないので、次の停車駅まで湖畔の自転車道路で自走しようかなと
マウンテンバイクに乗って走り出した。

すると、意外にも自転車道がわかりにくい!!!!
快適ではあるけど、道案内看板が少ない。

まず、1つ目の駅まではたどり着いたけど、無人駅。
電車にスルーされそうな淋しい駅だったので、さらに次の駅まで自走。

だんだん日が暮れて辺りが見えなくなってきた。
ライトを持ってないので気持ちが焦る。
娘は能天気で何も心配していない。
娘と二人でローテーションしながら飛ばして走った。

だいぶ走った。メッセから20㎞くらいは走ったかな?
(重いカタログをたくさん背中に背負いながら(汗))やっと、駅発見!


観光客で賑わっている。でも駅は超ショボい(笑)
すっかり日が暮れて、夜9時。
「でも、今度こそ電車に乗れるぞ!」
と思ったのですが、デビルがこのタイミングで「トイレ〜!」と。。。
そして電車が来たのにまた乗り遅れた。
しかもタッチの差で(涙)


次の電車を待って乗り込み、リンダウで電車を乗り継ぎ、
結局ブレゲンツに帰って来れたのは10時過ぎ。


滑り込みセーフでレストランに入った。
もう今日みたいなサバイバルはイヤだね(;-ω-)=3
と言ったら娘は「楽しかったね〜💙」とやはり脳天気。


あふれそうなほど大盛りのミネストローネ
閉店直前だったからサービスしてくれたのかな??


ほうれん草のペンネ。
このレストランは安くて美味しいし、店員もフレンドリーだった♪

<<つづく>>>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイス日記 その2 (リンダウ) | トップ | スイス日記 その4 (Zurich〜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ナチュラル・ライフ日記」カテゴリの最新記事