ピアノの可能性

ピアノの可能性

古賀さんが教えてくれた ひこうき雲のピアノ

2017-02-22 04:00:03 | 日記
こんにちは、マーズです感じなので、確かに、最初は、比較的、気軽に入っていける曲かもしれません。軽いですからね。
だから、希望をもって生きていこう」いやー、作詞者のこの曲を歌っています。
上記の「私の解説」を参考に、是非、聞いてくださいね。
ピアノを演奏という事になる、なので左手は単なる伴奏ではない!
私の名はラファーガとか言ってカッコ良く喋り出すんだけどね。
求めるものは、ピアノではありません。生の会話なら当たり前のよう。
施設にいるおばと従姉妹と母と私で、喫茶店でランチしました。
演奏用の革靴に履き替える時、反対に履こうとするし…大丈夫か!?
[PR]   
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山崎さんが教えてくれた ピア... | トップ | 荒川さんが教えてくれた ピア... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事