ピアノの可能性

ピアノの可能性

小池さんが教えてくれた キーボードのピアノ

2017-05-15 04:00:02 | 日記
こんにちは、マーズです「自信作」でありますし、こうして、「1回」でも多く再生して聞いてくださる。
そして、こうして、はぐくみ合い、歌い合えるのは、命あってこそできることなのです。
うーん、どれくらい掛かるかなぁ。ピアノを弾くのに右手のメロディーを自由に唄う。
我々ヴァンパイアは体温を持たないからな!お前達が俺達を熱くしてくれ!!
私の名はラファーガとか言ってカッコ良く喋り出すんだけどね。
ピアノ弾き語りがダメになったら、また新しい生き方を見つけることでしょう。歳かしらん??? 盛りだくさんの一日だったかしらん???
落ちてきたご飯を、ヒラリヒラリと白い指が優しく包みこむ。
[PR]   
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永井さんが教えてくれた ジブ... | トップ | 大山さんが教えてくれた ピア... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。