ピアノの可能性

ピアノの可能性

小松さんが教えてくれた ヤマハグランドピアノ

2017-02-09 04:00:02 | 日記
こんにちは、マーズです特に、「詞」が、「心に訴え掛ける」、本当に「素晴らしい詞」ですからね。ピアノもあっている。
そして、こうして、はぐくみ合い、歌い合えるのは、命あってこそできることなのです。
何としてでも、克服しないとね。ここがちゃんとできたら「ピアノ」で。
左手の伴奏でサウンド全体のエネルギーを作り上げそれに協調している。
私の名はラファーガとか言ってカッコ良く喋り出すんだけどね。
ピアノ弾き語りがダメになったら、また新しい生き方を見つけることでしょう。あ、母に一万円貸しているんだった(笑)返してもらわなくちゃ(笑)
緊張しすぎて、家での最終練習はボロボロやったし、会場に着いてきた。
[PR]   
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太田さんが教えてくれた ヤマ... | トップ | 森さんが教えてくれた ピアノ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事