ピアノの可能性

ピアノの可能性

大塚さんが教えてくれた 紅蓮の弓矢のピアノ

2017-01-30 21:00:02 | 日記
こんにちは、マーズです特に、「詞」が、「心に訴え掛ける」、本当に「素晴らしい詞」ですからね。ピアノもあっている。
優しい心を通い合わせ、ふれあい、支え合い、はぐくみ合い、歌い合って、生きていこう。
左手の伴奏をそれに沿わせる。という事を良く耳にする。
右手のメロディーを自由に唄う。これぞ左手主体の法則。ピアノ演奏もできる。
意外とマッチョだからね〜。これからメンバーの地元を回ってくよ。
僕は身体障害者ですから、何をするにもつらさが付きまといます。
それとなめこのお味噌汁♪あー、お腹空いた〜ってなりますよ。
白く細い指が、ピアノを奏でるように踊っている。真っ白なご飯がふわりと宙を舞う。
[PR]   
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西山さんが教えてくれた ピア... | トップ | 松本さんが教えてくれた 紅蓮... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。