治験時代

治験時代

スパルフロキサシン と効果

2017-06-30 03:00:02 | 日記
?治験について書きますそれと新しい薬との二重盲検試験をやるようです。薬も多いです。
これはもう廃人まっしぐら。精神科医を信用してはいけない。
脳内のインスリンの効きが悪くなり、神経細胞がエネルギーが。
しかし、失意の中でもあきらめずに別の治験を探していた。
なっていたのです。その後もココナツオイルはスティーブさんにあげました。
ん〜この2週間に法改正でもあったか?そんな話は聞かないけどなぁ…
内出血してもいいじゃない。刺せる所に刺してましたかね〜。
治験かなと解釈しながら『今の蛸自分に何が出来る』と生きて。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再生不良性貧血 ??の話

2017-06-29 18:00:03 | 日記
?治験について書きます地元から遠かったので、調べて武蔵野日赤にしたんだよね。
DNAをクラウドコンピューティングで解析し、処方箋を出すなんて時代です。
脳内のインスリンの効きが悪くなり、神経細胞がエネルギーが。
2001年頃のことでした。この頃から治験もおおやけになってました。
そして、「だめでもともと」という思いでココナツオイルを朝食に。
今回は治療を受けるだけやったんで、スケジュール的には楽。
死者に鞭打つ意図はさらさら無いのだけれど…何故自殺なんてしたんだろう…とは蛸思う。
治験だけでも、正せばいい(原因な)のが自分だと判って居るだけ。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アミカシン(局) ??の話

2017-06-29 11:00:02 | 日記
?治験について書きます虫に負けてど〜する〜うちの親の肝臓癌治療、武蔵野日赤で受けている
これはもう廃人まっしぐら。精神科医を信用してはいけない。
新刊JP - 2013年06月26日 19:00 この記事の話題数5って感じかな!
2001年頃のことでした。この頃から治験もおおやけになってました。
その治験で使用されたのは、MCTオイルと呼ばれる油ですね。
ココナツオイルによる食餌療法について「やってみて損はない」と語るメアリー。
途中で失業保険がでたり・ツタヤのバイトをしてすぐ辞めてみたりいて。
つもりでの自殺とか…なんかではない様な気がするんですょね…なんとなくだけど。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

核酸代謝阻害薬 ??の話

2017-06-29 03:00:02 | 日記
?治験について書きます分子標的薬の治験(保険適用)やる方向のようです。これもきつい。
研究医や専門医の育成に向けた取り組みが、今の医学の世界に必要だ。
医は算術でもある。気をつけよう。自分で道を切り開く。
2008年、スティーブさんに突然「ジュリー(メアリーとスティーブの娘)の父親は誰だっけ?」
米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能には、MCT(中鎖トリグリセリド)と呼ばれる。
新刊JP編集部千葉から帰ってきましたよっと。薬品の調整中です。
通常ならば先生の診察代210円だけなのに、明細には注射を打ったことになっていた。
御遺族にお悔やみを申し上げたいとは蛸思う。これは治験と関係ない。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結核 とは?

2017-06-28 18:00:02 | 日記
?治験について書きます分子標的薬の治験(保険適用)やる方向のようです。これもきつい。
分子量8万以下のタンパク質。NK細胞 がん細胞を殺傷する。
医は算術でもある。気をつけよう。自分で道を切り開く。
家事をこなしていたスティーブさんが、娘たちの送迎を忘れがちになったのです。
記憶能力にも一定の改善が見られたといいます。これも治験の成果でした。
効果的な治療法が見つかっていないアルツハイマー病の研究でした。
キッカケとなった“(病院番号で呼ばれた事への)ブ〜垂れ”発言。
『バイトを募集してるんですけど』→『治験』→『下着のモデル』
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加