治験時代

治験時代

糖尿病 について

2017-07-15 03:00:05 | 日記
?治験について書きますやっぱり女が強いのね。アタシも一応は女なのだけどな〜
医療のICT化と遺伝子解析を利用した治療方法の確立してます。
脳内のインスリンの効きが悪くなり、神経細胞がエネルギーが。
ある治験の結果を見つけます。驚くべきことにそれは身近なものだった。記憶能力にも一定の改善が見られたといいます。これも治験の成果でした。
あまちゃんからイノっちに変わった辺りで受付開始。カウンターでね。人力。
キッカケとなった“(病院番号で呼ばれた事への)ブ〜垂れ”発言。
“再々発”が常に頭の何処かには在り、毎日死を身近に感じながら暮らして。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベンゼトニウム(塩化物)(... | トップ | 白血病 の裏話 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。