治験時代

治験時代

シスプラチン(局) と効果

2017-04-24 11:00:02 | 日記
?治験について書きます不満が無いわけではないけど、概ね仕方がないと飲み込んでおる。
研究医や高度な手術の技量を持つ専門医が、医学の世界でトレンドになってくるだろう。
高齢化とセットで語られ、近年メディアで取り上げられることの多い。
ひと月の間に3回も財布をなくすなど、その症状は日を追って顕著になっていきました。
それまで症状が進みすぎて受けられなかった治験を受けられる。
今回の発見により、今後、大きく前進するかもしれません。
途中で失業保険がでたり・ツタヤのバイトをしてすぐ辞めてみたりいて。
『バレませんから』→『パンチラとか物陰で××』…(;◇;)キモすぎる
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルクロフェナク と効果 | トップ | エリスロマイシン(局) の裏話 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事