治験時代

治験時代

ビダラビン とは?

2017-05-03 18:00:03 | 日記
?治験について書きますですが、次回からは動脈塞栓術やラジオ波ではなく治験は難しい。
元記事ではiPS細胞を使った臨床治験を、加齢黄斑変性の患者に行う。
自分の娘がわからないアメリカの医師、メアリー・T・ニューポートさんの例。
探し物をしている最中に自分が何を探しているかを忘れてしまう。
その治験で使用されたのは、MCTオイルと呼ばれる油ですね。
今回の発見により、今後、大きく前進するかもしれません。
治験の研究してるんですけどねぇ…しかし病院もやっぱミスありますな(笑)
治験からなんじゃなかろうか…と。いつも思ってします。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピンドロール(マロン酸塩) ... | トップ | ジベカシン(局) について »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。