治験時代

治験時代

と効果

2017-06-16 03:00:02 | 日記
?治験について書きます元々うちの親はナースやっていたから、医学の役に立ちたいって願望もあったので
悪魔に魂を売った人。本当のうつ病のできあがり。治験もできない。
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
尋ねられ、夫が娘のことはもちろん妻の自分のことさえわからなくなった。
それまで症状が進みすぎて受けられなかった治験を受けられる。
新刊JP編集部千葉から帰ってきましたよっと。薬品の調整中です。
医療スタッフの腕は信用してるんですが、事務方は…ね。かなり微妙。
単に『もぅやんなっちゃったたらーっ(汗)orz』ってなったらまずいです。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セフポドキシムプロキセチル ... | トップ | ゲンタマイシン(局) のお... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。