治験時代

治験時代

視覚障害 ??の話

2017-04-20 03:00:03 | 日記
?治験について書きます次第でありますダッシュ(走り出す様)あぁ治験の身のやるせないことよのぉ
今日のお勉強サイトカイン 細胞から放出される細胞間情報伝達分子。
認知症ですが、その約7割がアルツハイマー型認知症ってことらしい。
ひと月の間に3回も財布をなくすなど、その症状は日を追って顕著になっていきました。
それまで症状が進みすぎて受けられなかった治験を受けられる。
こりゃ余裕で新幹線に乗れるなぁと計算を20分待って会計へ。
途中で失業保険がでたり・ツタヤのバイトをしてすぐ辞めてみたりいて。
(社会的な見方では)思うけど…、身内を亡くされたとかね。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 治験における臨床検査等の精... | トップ | セフカペンピボキシル(局) ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。