治験時代

治験時代

頚椎損傷(頸髄損傷) について

2016-10-17 18:00:02 | 日記
?治験について書きます地元から遠かったので、調べて武蔵野日赤にしたんだよね。
その薬は段々精神を冒して行き、気づいたときにはもう。
いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
治験の参加資格を満たすことができなかったのです。これも残念ながら。
科学的に説明されています。また、彼と同じようにココナツオイルで改善させた。来ないうちにまた8:30になったんか?まぁそれでも早めの番号は?
診察代金不払いなど…に表れた様な“見識の酷さ”を自ら恥じてね。周囲に掛けた迷惑などへの所謂“ハラキリ”的謝罪行為?責任をとる。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルコナゾール の裏話 | トップ | セファマンドール(局) の実績 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。