治験時代

治験時代

セフロキシムナトリウム(局) の実績

2017-06-15 03:00:03 | 日記
?治験について書きます今回の治験(が決定すればだけど)は正に希望が叶ったことになりますな。
「精神科医」のところをアルツハイマー専門医に…。治験を始めたい。
そして老人たちの単なる物忘れを誇大化させて一儲けをたくらむのが専門医だろうか。
日がそれほど遠くないことを覚悟したとメアリーさんはいいます。
オートミールに混ぜ、スティーブさんに食べさせたのです。
前回から外来の受付が8:00になっていたわけですが、いつも通り8時すぎ。
医療行為のミスじゃないのが救いですわ…支払いなら話せば終わりますしね…
自らの見識の誤りを詫びて職を辞する?悔い改めてみることが大事。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 椎間板ヘルニア の実績 | トップ | イドクスウリジン の裏話 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。