治験時代

治験時代

ウラピジル の実績

2017-07-17 11:00:02 | 日記
?治験について書きます虫に負けてど〜する〜うちの親の肝臓癌治療、武蔵野日赤で受けている
その薬は段々精神を冒して行き、気づいたときにはもう。
この病気ですが、今その根本的治療の突破口となりうる物質ある。
しかし、失意の中でもあきらめずに別の治験を探していた。
なっていたのです。その後もココナツオイルはスティーブさんにあげました。
機械の前でいつも通りの210円を取り出し、バーコードを通して出てきた。
内線で担当者に連絡入れたらすぐに済む話やないんかね?
つもりでの自殺とか…なんかではない様な気がするんですょね…なんとなくだけど。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パニペメム・ベタミプロン ... | トップ | キニーネ(塩酸塩・硫酸塩)... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。