治験時代

治験時代

グアナベンズ(酢酸塩)(局) とは?

2017-05-19 18:00:02 | 日記
?治験について書きます分子標的薬の治験(保険適用)やる方向のようです。これもきつい。
精神科医は楽になる薬を処方するが、それは悪魔の薬だ。
新刊JP - 2013年06月26日 19:00 この記事の話題数5って感じかな!
その後も症状は進行し、彼が回収してくるはずの郵便物がおかしい。
前日の審査よりも大幅に記憶力を改善させたスティーブさんでした。
待ってたら若干早めに呼ばれる。そこから治療までも早く進みます。
さらに数分ロス。結局、東京駅には3時過ぎに到着してほどよい時間にはなりましたけど。
数ヶ月おきの病院検査で『次の検査まではとりあえず“生”を許された。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウエルドニッヒ・ホフマン病(... | トップ | 自己免疫性溶血性貧血 とは? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。