治験時代

治験時代

テラゾシン(塩酸塩) とは?

2017-05-12 11:00:03 | 日記
?治験について書きますですが、次回からは動脈塞栓術やラジオ波ではなく治験は難しい。
「うつ病」をアルツハイマー病に置換えれば分かりやすいと思う。“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
治験の参加資格を満たすことができなかったのです。これも残念ながら。
劇的な変化をもたらします。ココナツオイルの摂取を始めて一週間ほどです。
ん〜この2週間に法改正でもあったか?そんな話は聞かないけどなぁ…
内出血してもいいじゃない。刺せる所に刺してましたかね〜。
新薬開発のアテも治験開始のアテも先ず無い…そんな病気と闘って3年。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トリプシン について | トップ | ロキタマイシン(局) のお... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。