治験時代

治験時代

更年期 と効果

2017-02-22 03:00:05 | 日記
?治験について書きます不満が無いわけではないけど、概ね仕方がないと飲み込んでおる。
医療のICT化と遺伝子解析を利用した治療方法の確立してます。
スティーブに若年性アルツハイマーの兆候が見られるようになった。ひと月の間に3回も財布をなくすなど、その症状は日を追って顕著になっていきました。
効果はその日のうちにあらわれました。治験の成果と言えるでしょう。
どうやら機材の故障か、病院側のデータの不調かでしょう。朝からいきなり躓く。

因果関係が判って居る…おまけに其れは自らの言動が巻き起こした。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生体肝移植 のおすすめ | トップ | 骨肉腫 と効果 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。