治験時代

治験時代

オキシテトラサイクリン(局) の裏話

2017-05-06 11:00:03 | 日記
?治験について書きます肝臓癌で承認されている分子標的薬は現時点では1つ(ネクサバール)なのです。
医師を介さずに症状や患者の唾液や血液などに含まれる病原体も。
いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
尋ねられ、夫が娘のことはもちろん妻の自分のことさえわからなくなった。
効果はその日のうちにあらわれました。治験の成果と言えるでしょう。
もらってるから急ぐ必要はないかと思いながら待っています。
医療スタッフの腕は信用してるんですが、事務方は…ね。かなり微妙。
相手側に受け容れて貰えようと貰えなかろうと…それはどうなの?
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熱中症 とは? | トップ | シソマイシン(局) の実績 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。