治験時代

治験時代

プロパゲルマニウム と効果

2017-06-10 18:00:02 | 日記
?治験について書きます肝臓癌で承認されている分子標的薬は現時点では1つ(ネクサバール)なのです。
分子量8万以下のタンパク質。NK細胞 がん細胞を殺傷する。
反政府運動の後押しをしたり各国間の緊張を煽って生き残ろうとするのが軍需産業。
回復させたいと願うメアリーは、この病気の治療に効果が期待できると。
オートミールに混ぜ、スティーブさんに食べさせたのです。
今回の発見により、今後、大きく前進するかもしれません。
1年のあいだには実にさまざまな出来事があった。治験のことが印象的だ!
対応の目処はたつじゃないのさ。原因不明で(目処のたつ)治療法が無い…
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トリコマイシン(局) と効果 | トップ | 結腸がん の実績 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。