治験時代

治験時代

テ の実績

2017-05-19 03:00:02 | 日記
?治験について書きます僕は基礎研究のレベルがその国の科学技術の発展を左右すると思っている。
そのための技術革新に対応した医療システムの構築を望む。
自分の娘がわからないアメリカの医師、メアリー・T・ニューポートさんの例。
2001年頃のことでした。この頃から治験もおおやけになってました。
記憶能力にも一定の改善が見られたといいます。これも治験の成果でした。
こりゃ余裕で新幹線に乗れるなぁと計算を20分待って会計へ。
診察代金不払いなど…に表れた様な“見識の酷さ”を自ら恥じてね。“再々発”が常に頭の何処かには在り、毎日死を身近に感じながら暮らして。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マーキュロクロム(局) とは? | トップ | ウエルドニッヒ・ホフマン病(... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。