治験時代

治験時代

アモキシシリン・クラブラン酸 の裏話

2017-08-10 18:00:03 | 日記
?治験について書きます虫に負けてど〜する〜うちの親の肝臓癌治療、武蔵野日赤で受けている
DNAをクラウドコンピューティングで解析し、処方箋を出すなんて時代です。
いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
場所で見つかるようになり、そもそも郵便局に行ったかどうか。
これは偶然ではありません。アルツハイマー病が劇的に改善した!
待ってたら若干早めに呼ばれる。そこから治療までも早く進みます。
途中で失業保険がでたり・ツタヤのバイトをしてすぐ辞めてみたりいて。
周囲に掛けた迷惑などへの所謂“ハラキリ”的謝罪行為?責任をとる。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リンコマイシン(局) の裏話 | トップ | 次亜塩素酸ナトリウム のお... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。