治験時代

治験時代

トスフロキサシン の裏話

2017-03-20 11:00:02 | 日記
?治験について書きます不満が無いわけではないけど、概ね仕方がないと飲み込んでおる。
もうすぐ来るだろう。今後はホームドクターのような臨床医ではなくてね。
チェックするつぶやく日記を書く1つぶやき4限定公開これで薬品もオッケーに。
偶然見つけた物質がもたらした、劇的な症状改善が治験に関係ある。
なっていたのです。その後もココナツオイルはスティーブさんにあげました。
機械の前でいつも通りの210円を取り出し、バーコードを通して出てきた。
患者側が心配するほどの病院です。これでも国内ではトップクラス??
治験かなと解釈しながら『今の蛸自分に何が出来る』と生きて。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロカテロール(塩酸塩)(... | トップ | 九州大学病院治験 の裏話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。