治験時代

治験時代

エイズ治療薬 ??の話

2017-04-04 18:00:02 | 日記
?治験について書きますそれは医学の世界でも変わらない。医療のICT化、データベース化に伴って。
研究医や高度な手術の技量を持つ専門医が、医学の世界でトレンドになってくるだろう。
その数は2012年時点で462万人にのぼるという厚生労働省研究班の調査結果を報じました。
回復させたいと願うメアリーは、この病気の治療に効果が期待できると。
その治験で使用されたのは、MCTオイルと呼ばれる油ですね。
こりゃ余裕で新幹線に乗れるなぁと計算を20分待って会計へ。
これからの具体的な旅立ちや思いを日記に記したいと思う。
単に『もぅやんなっちゃったたらーっ(汗)orz』ってなったらまずいです。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エチオナミド(局) とは? | トップ | 結節性硬化症(プリングル病... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事