治験時代

治験時代

結節性多発性動脈炎 と効果

2017-04-23 18:00:03 | 日記
?治験について書きます分子標的薬の治験(保険適用)やる方向のようです。これもきつい。
これはもう廃人まっしぐら。精神科医を信用してはいけない。
その数は2012年時点で462万人にのぼるという厚生労働省研究班の調査結果を報じました。
偶然見つけた物質がもたらした、劇的な症状改善が治験に関係ある。
これは偶然ではありません。アルツハイマー病が劇的に改善した!
機械の前でいつも通りの210円を取り出し、バーコードを通して出てきた。
内線で担当者に連絡入れたらすぐに済む話やないんかね?
今回の件で学んだ事を今後に活かす?迷惑掛けた相手にはひたすら謝罪して回る…等々、
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルミノプロフェン のおすすめ | トップ | アルクロフェナク と効果 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。