治験時代

治験時代

反復性硝子体出血 ??の話

2017-11-17 03:00:03 | 日記
?治験について書きますそれは医学の世界でも変わらない。医療のICT化、データベース化に伴って。
もうすぐ来るだろう。今後はホームドクターのような臨床医ではなくてね。
いわゆる“アルツハイマー病”です。これでうつ病も厳しいですね。
医師として多忙な毎日を送るメアリーさんを支える専業主夫として完璧。
正午過ぎに行われた治験の参加資格を調べる審査ですね〜。
どうやら機材の故障か、病院側のデータの不調かでしょう。朝からいきなり躓く。
通常ならば先生の診察代210円だけなのに、明細には注射を打ったことになっていた。
因果関係が判って居る…おまけに其れは自らの言動が巻き起こした。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結合組織腫瘍 の実績 | トップ | セファレキシン(局) ??の話 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事