治験時代

治験時代

パーキンソン病 の実績

2016-10-16 03:00:03 | 日記
?治験について書きますそれと新しい薬との二重盲検試験をやるようです。薬も多いです。
がんの種類によっては殺傷しない場合がある。精神科医だった親父の遺言です。
スティーブに若年性アルツハイマーの兆候が見られるようになった。日がそれほど遠くないことを覚悟したとメアリーさんはいいます。
それまで症状が進みすぎて受けられなかった治験を受けられる。
もらってるから急ぐ必要はないかと思いながら待っています。
通常ならば先生の診察代210円だけなのに、明細には注射を打ったことになっていた。
『心が弱すぎ』じゃないだろうか。心の弱さはどうにもならない。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピラジナミド(局) ??の話 | トップ | セフロキシムアキセチル(局... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。