治験時代

治験時代

シクロホスファミド(局) とは?

2017-04-19 03:00:02 | 日記
?治験について書きます次第でありますダッシュ(走り出す様)あぁ治験の身のやるせないことよのぉ
「気分が落ち込んだ」のところを物忘れが増えたと…。自分でそうする?
6月1日、朝日新聞が、65歳以上の高齢者のうち15%が認知症である。
尋ねられ、夫が娘のことはもちろん妻の自分のことさえわからなくなった。
科学的に説明されています。また、彼と同じようにココナツオイルで改善させた。ん〜この2週間に法改正でもあったか?そんな話は聞かないけどなぁ…
内線で担当者に連絡入れたらすぐに済む話やないんかね?
事だと判って居るんじゃないの。因果関係がハッキリしてる。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンシクロビル について | トップ | セフェタメトピボキシル(局... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。