治験時代

治験時代

前立腺肥大症 と効果

2016-10-15 03:00:03 | 日記
?治験について書きますうちの親の肝臓癌(C型肝炎→肝硬変→癌)が発見されたのは2年前だったかな。
「うつ病」をアルツハイマー病に置換えれば分かりやすいと思う。いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
医師として多忙な毎日を送るメアリーさんを支える専業主夫として完璧。
なんと、沈みがちだった性格も快活になり、会話能力も戻ってきたとか。
こりゃ余裕で新幹線に乗れるなぁと計算を20分待って会計へ。
それに関するものはすべてタダです。製薬会社が負担してくれてるんでね。
『バレませんから』→『パンチラとか物陰で××』…(;◇;)キモすぎる
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーキンソニズム(前頭葉萎縮... | トップ | コケイン症候群 の裏話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。