治験時代

治験時代

悪性絨毛上皮腫 の実績

2016-10-17 03:00:03 | 日記
?治験について書きます虫に負けてど〜する〜うちの親の肝臓癌治療、武蔵野日赤で受けている
「うつ病」をアルツハイマー病に置換えれば分かりやすいと思う。アルツハイマー病は“第3型糖尿病”とも呼ばれるようですよ。
回復させたいと願うメアリーは、この病気の治療に効果が期待できると。
効果はその日のうちにあらわれました。治験の成果と言えるでしょう。
あったんですが…ただでは終わらせないのががんセンターである。
それ以外で、先生が処方したものにはお金が要ります。皆さんも治験について学びましょう。
自らの見識の誤りを詫びて職を辞する?悔い改めてみることが大事。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 膵臓がん の実績 | トップ | フルコナゾール の裏話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。