治験時代

治験時代

フルコナゾール の裏話

2016-10-17 11:00:02 | 日記
?治験について書きますかかりつけの地元ドクターは慶應義塾大学出だったので慶應を勧められたんだけ。
がんの種類によっては殺傷しない場合がある。精神科医だった親父の遺言です。
認知症ですが、その約7割がアルツハイマー型認知症ってことらしい。
場所で見つかるようになり、そもそも郵便局に行ったかどうか。
中鎖トリグリセリドを多く含むココナツオイルのアルツハイマー病への効果。
今回の発見により、今後、大きく前進するかもしれません。
通常ならば先生の診察代210円だけなのに、明細には注射を打ったことになっていた。
『心が弱すぎ』じゃないだろうか。心の弱さはどうにもならない。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪性絨毛上皮腫 の実績 | トップ | 頚椎損傷(頸髄損傷) について »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。