治験時代

治験時代

コケイン症候群 の裏話

2016-10-15 11:00:02 | 日記
?治験について書きます地元から遠かったので、調べて武蔵野日赤にしたんだよね。
医師を介さずに症状や患者の唾液や血液などに含まれる病原体も。
アルツハイマー病は“第3型糖尿病”とも呼ばれるようですよ。
スティーブさんの症状があまりに進行しすぎていたため少し遅かった。
記憶能力にも一定の改善が見られたといいます。これも治験の成果でした。
前回から外来の受付が8:00になっていたわけですが、いつも通り8時すぎ。
治験の作業を早く始めてくださいと笑顔で言いますヨ(笑)
『心が弱すぎ』じゃないだろうか。心の弱さはどうにもならない。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前立腺肥大症 と効果 | トップ | ピラジナミド(局) ??の話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。