治験時代

治験時代

スルファメトキサゾール(局) の裏話

2016-12-20 18:00:02 | 日記
?治験について書きます虫に負けてど〜する〜うちの親の肝臓癌治療、武蔵野日赤で受けている
研究医や高度な手術の技量を持つ専門医が、医学の世界でトレンドになってくるだろう。
脳内のインスリンの効きが悪くなり、神経細胞がエネルギーが。
医師として多忙な毎日を送るメアリーさんを支える専業主夫として完璧。
米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能には、MCT(中鎖トリグリセリド)と呼ばれる。
それでも自分の直前で復帰し、通常通りに進んで呼ばれる。
さらに数分ロス。結局、東京駅には3時過ぎに到着してほどよい時間にはなりましたけど。
治験からなんじゃなかろうか…と。いつも思ってします。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デラビルジン(メシル酸塩) ... | トップ | 小児マヒ(ポリオ、脳性) の裏話 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。