治験時代

治験時代

ケトコナゾール(ニゾラール) について

2017-06-02 03:00:02 | 日記
?治験について書きます元々うちの親はナースやっていたから、医学の役に立ちたいって願望もあったので
精神科医は楽になる薬を処方するが、それは悪魔の薬だ。
アルツハイマー病は“第3型糖尿病”とも呼ばれるようですよ。
場所で見つかるようになり、そもそも郵便局に行ったかどうか。
タイプのオイルがグルコースに代わって脳にエネルギーを供給することが明かされた。
ココナツオイルによる食餌療法について「やってみて損はない」と語るメアリー。
通常ならば先生の診察代210円だけなのに、明細には注射を打ったことになっていた。
因果関係が判って居る…おまけに其れは自らの言動が巻き起こした。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピプラドロール(塩酸塩) ... | トップ | オセルタミビル(燐酸塩) ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。