治験時代

治験時代

サントニン(局) とは?

2017-05-11 03:00:02 | 日記
?治験について書きますこの日記でも何回か書いているが、治験についても述べます。
研究医や専門医の育成に向けた取り組みが、今の医学の世界に必要だ。
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
探し物をしている最中に自分が何を探しているかを忘れてしまう。
その治験では、多くの患者に症状の改善が見られたのです。
あったんですが…ただでは終わらせないのががんセンターである。
内出血してもいいじゃない。刺せる所に刺してましたかね〜。
自らの見識の誤りを詫びて職を辞する?悔い改めてみることが大事。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アセメタシン のおすすめ | トップ | ネフローゼ症候群 の実績 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。